トップページへ

ここから本文

2018年1月20日開催 「視覚障害者と支援者のための防災イベント」のご案内

 2018年1月20日(土曜日)に「視覚障害者と支援者のための防災イベント」を開催いたします。
災害はいつ起こるかわかりません。その時に備えての準備や、どのようなサポートが出来るのか、体験や講演を通して学ぶ事のできるイベントです。
今回の防災イベントは、防災士の資格を持つTBSアナウンサーの伊藤隆佑さんにお越しいただき、実際の災害現場で見て来た事、また防災士として伝えたい事をお話していただきます。

「視覚障害者と支援者のための防災イベント」

実施日:2018年1月20日(土曜日)
会場:日本点字図書館 3階 多目的室ABC及び、トラックヤード
参加費:無料

スケジュール

ガイドヘルプ体験(予約制)

  • 対象:晴眼者
  • 時間:10時〜11時30分
  • 定員:20名
  • 講師:日本点字図書館自立支援室歩行訓練士
  • 場所:多目的室AB

普段は一人で歩行できる視覚障害者も、災害時に周囲の様子が一変すると、とたんに一人歩きが困難になってしまいます。そのような時にどう声をかけるのか、どのように誘導すればいいのか、どんな手伝いができるのか、体験を通して知っていただけます。

AED体験(予約制)

  • 対象:視覚障害者とガイドヘルパー
  • 時間:10時〜12時
  • 定員:20名(1回目 10時〜・2回目 11時〜 各回10名ずつ)
  • 場所:多目的室C
  • 協力:新宿消防署防災安全課

心肺蘇生用の人形を使用してAED(自動体外式除細動器)の体験が出来ます。

起震車体験(雨天中止)

  • 対象:視覚障害者とガイドヘルパー
  • 時間:13時30分〜15時
  • 場所:トラックヤード
  • 協力:新宿区立防災センター

実際に地震が起こったとき、どのような行動を取ればいいのか、起震車での実際の体験を通して学べます。

講演「災害報道最前線から学ぶ、今すぐ役立つ防災知識」(予約制)

伊藤隆佑氏写真

  • 対象:視覚障害者、晴眼者
  • 時間:14時〜15時30分
  • 定員:50名(要予約)
  • 講師:伊藤 隆佑氏(TBSアナウンサー・防災士)
  • 場所:多目的室ABC

防災士アナウンサー伊藤隆佑さんに災害報道最前線での体験と放送局の災害報道マニュアルを元に今すぐ役立つ防災知識を分かりやすく伝えて頂きます。

防災グッズの販売

時間:10時〜16時
場所:1階わくわく用具ショップ

当館で通常取り扱っている防災グッズの他、今回のイベント限定グッズを販売します。(備蓄用食品、非常用トイレなど)


同日、川崎市視覚障害者情報文化センターでも防災イベントを開催しています。
防災イベントの参加費はすべて無料です。

参加申し込みは、総務課までお電話あるいはメールでご連絡ください。

【予約・お問い合わせ】
日本点字図書館 総務課
電話03-3209-0241(代表) (9時から17時まで)
Eメール nitten@nittento.or.jp

本文 おわり

補助メニュー