トップページへ

ここから本文

第26回視覚障害リハビリテーション研究発表大会 in 川崎&鶴見のご案内

2017年6月9日から11日までの3日間、日本点字図書館が指定管理で運営している川崎市視覚障害者情報文化センターが主幹施設となり、第26回視覚障害リハビリテーション研究発表大会が開催されます。
今大会のテーマは「過去を学び、現在を検証し、未来を創造する」。大会中、各方面で活躍をされている方々をお呼びし、講演やシンポジウム、活動報告などを通して、ホットな話題を提供する予定です。
また、神奈川らしさ、川崎らしさを出すための、地域リハビリテーションに関する報告などを盛り込む予定です。
内容、スケジュールの詳細につきましては、大会専用ホームページなどで順次お知らせします。第26回大会の予定を確認していただき、川崎・鶴見に是非お越しくださいますようご案内申しあげます。

日時: 2017年6月9日(金曜日)〜11日(日曜日)
場所: 日本点字図書館(6月9日午後)
    鶴見大学 記念館(6月10日〜11日)

記念講演:
・高橋実氏(視覚障害者総合支援センター理事長、元点字毎日記者)
・田中徹二(日本点字図書館理事長)
・大胡田誠氏(弁護士)
・高橋政代氏(先端医療センター眼科医)

大会テーマ:「過去を学び、現在を検証し、未来を創造する」
主催: 視覚障害リハビリテーション協会
主管: 第26回視覚障害リハビリテーション研究発表大会実行委員
大会長: 田中徹二(日本点字図書館 理事長)
副大会長: 金子敏夫(川崎市眼科医会 医会長)、杉山雅章(川崎市視覚障害者情報文化センター センター長)

大会バナー



【お問い合わせ】
 川崎市視覚障害者情報文化センター 担当:中村・島田
 電話:044-222-1611 FAX:044-222-8105
 Eメール kawasaki-icc@kawasaki-icc.jp
 大会ホームページ: http://www.kawasaki-icc.jp/riha26/



本文 おわり

補助メニュー