トップページへ

ここから本文

企業・団体等から寄せられた催しのご案内

2021年10月23日更新

企業・団体等から寄せられた催しの情報をお届けします。
当館の主催ではありませんので、内容に関するお問い合わせ先やチケット等のお申し込み先は、催しごとにご確認ください。

※本ページの内容のほか、当館からの臨時のお知らせ等を、「にってんニュースレター」としてメールにて不定期で配信します。配信ご希望のかたは、専用の配信登録フォーム(外部ページ)からご登録ください。

※本ページへの情報掲載をご希望の企業・団体等のご担当者様は、こちらをご確認ください。


10月 シネマ・チュプキ・タバタ 上映映画のご案内

シネマ・チュプキ・タバタは、日本初のバリアフリー映画館です。
車いすスペースや親子鑑賞室を設置し、イヤホン音声ガイドや字幕付き上映を常時行っています。


『緑の牢獄』

2021年製作/101分/日本・台湾・フランス合作
「秘境の島、忘却の炭鉱、越境者はなぜ、この地にとどまったのか。」
熱帯林に囲まれ「秘境」と呼ばれる西表島。島には人知れず眠る巨大な「炭鉱」があった。
廃坑を無秩序に覆う緑、そこを住処とするイノシシの群れ、そして廃坑を見つめる90歳の老女、橋間良子。
10歳で父に台湾から連れられ、人生のほとんどをこの島で過ごした彼女は、たった一人で誰もいない家を守る。
眠れない夜には、島を出て音信不通となった子ども、炭鉱の暗い過去、父への問いかけ、忘れたくても捨てられない記憶たちが彼女を襲う。

【日時】
2021年10月1日(金曜日)~15日(金曜日) 10時30分~


『海辺の彼女たち』

2020年製作/88分/日本・ベトナム合作
「生きていく。この世界で。」
技能実習生として来日した若きベトナム人女性のアンとニューとフォンはある夜、搾取されていた職場から力を合わして脱走を図る。
新たな職を斡旋するブローカーを頼りに、辿り着いた場所は雪深い港町。やがては不法滞在となる身に不安が募るも、故郷にいる家族のためにも懸命に働き始める。
しかし、安定した稼ぎ口を手に入れた矢先にフォンが体調を壊し倒れてしまう。
アンとニューは満足に仕事ができないフォンを心配して、身分証が無いままに病院に連れて行くが——。

【日時】
2021年10月1日(金曜日)~15日(金曜日) 14時30分~


『茜色に焼かれる』

2021年/144分/R15+/日本

「悪い冗談みたいなことばかり起きるこの世界で、母ちゃんも、僕も、生きて、生きる。」
7年前、理不尽な交通事故で夫・父を亡くした母子。母の名前は田中良子。彼女は演劇に傾倒しており、お芝居が上手だ。
中学生の息子・純平をひとりで育て、夫への賠償金は受け取らず、施設に入院している義父の面倒もみている。
経営していたカフェはコロナ禍で破綻。花屋のバイトと夜の仕事の掛け持ちでも家計は苦しく、そのせいで息子はいじめにあっている。数年振りに会った同級生にはふられた。
哀しみと怒りを心に秘めながらも、わが子への溢れんばかりの愛を抱えて気丈に振る舞う母。その母を気遣って日々の屈辱を耐え過ごす中学生の息子。
もがきながらも懸命に生きようとする二人は美しい。
社会的弱者、それがなんだというのだ。そう、この全てが良子の人生を熱くしていくのだから。
はたして、彼女たちが最後の最後まで絶対に手放さなかったものとは?

【日時】
2021年10月1日(金曜日)~15日(金曜日) 16時30分~
2021年10月16日(土曜日)~31日(日曜日) 14時30分~


『パンケーキを毒見する』

2021年製作/104分/日本/ドキュメンタリー

「あなたも毒見してみませんか?パンケーキ政権の甘い罠。」
世界が未曾有のコロナ禍に陥る中、国民の命と激動の時代の舵取りは、この男に託された。
かつては官房長官時代の「令和おじさん」や首相就任直後の「パンケーキ懇談会」といった印象から、昨今では五輪やコロナ禍への対応などに対する不安視の声もあるが、実のところ何を考えているのか、どういう政治家なのかは意外に知られていない。
もしかしたら我々は実体のない男に日本を預けてしまったのではないか?

【日時】
2021年10月1日(金曜日)~15日(金曜日) 19時10分~
2021年10月16日(土曜日)~31日(日曜日) 10時30分~


『東京自転車節』

2021年製作/93分/日本/ドキュメンタリー

「漕げや、稼げや、生き抜けや。」
やむにやまれず飛んできました宿無し銭なし一羽鳥?
金波銀波のネオンも消えた花の都は大東京?
たどり着いたは流行の自転車配達員?
西から東へ行ったり来たり、チャリを漕ぎます運びます?
今日も日銭を稼いで生きていく、こんなオレの明日はどっち!?

【日時】
2021年10月16日(土曜日)~31日(日曜日) 12時45分~


『狂猿』

2021年/107分/PG12/日本

「デスマッチに狂った猿と、その生き様に人生を狂わされてしまったものたちの饗宴が幕をあける。」
プロレスラーの中でもひと握りの者しか足を踏み入れない、凶器アリ、反則ナシの特殊ルールで行われる究極の試合形式デスマッチ。
その世界で暴れ廻り、クレイジーモンキー(狂猿)の異名を持つ、「カリスマ」プロレスラー葛西純。
割れた蛍光灯に囲まれ、カミソリが突き刺さり、ガラスボードが飛び散る過酷なリングに20年以上その身を捧げてきた。
2019年のクリスマス。長年のダメージが蓄積された葛西は、この日の試合を持って長期欠場を余儀なくされる。
カメラは、復帰に向けてトレーニングを続ける葛西の姿と、デスマッチと共に歩んできた過去の軌跡を追う。

【日時】
2021年10月16日(土曜日)~31日(日曜日) 17時45分~


シネマ・チュプキ・タバタ

【アクセス】
JR山手線・京浜東北線 田端駅北口を出て、右方向徒歩5分

【お申し込み・お問い合わせ先】
電話: 03-6240-8480
ホームページ: https://chupki.jpn.org/
各映画の詳細は、シネマ・チュプキ・タバタのホームページをご覧ください。
休館日:水曜日


【中止】10月14日 東京芸術劇場 公演説明会付きナイトタイム・パイプオルガンコンサートのご案内

10月7日に発生した地震により、コンサートホールに不具合が生じたため、中止となりました。

視覚に障害のあるお客様を対象とする公演説明会付きのパイプオルガンのコンサートを開催いたします。当日の公演プログラムや演奏者のご紹介と、パイプオルガンに関する説明を開演前にお聴きいただくものです。コンサートでは、9000本のパイプから成るパイプオルガンの、荘厳な音色をお楽しみいただきます。
ホームページ: https://www.geigeki.jp/fukushi/c_night038.html

【日時】
2021年10月14日(木曜日)
18時30分 ロビー開場・受付開始
18時40分~19時 公演説明会開始
19時30分 開演
20時30分 終演予定

【会場】
東京芸術劇場 コンサートホール(5階)
東京都豊島区西池袋1-8-1

【アクセス】
JR・東京メトロ・東武東上線・西武池袋線 池袋駅西口より徒歩2分。駅地下通路2b出口と直結

【チケット】
障害者手帳をお持ちの方 900円(付添者は定価1000円でのご案内となります)
※全席指定・税込

【定員】
5組10名(先着順、付添者必須)
※本サービスは、視覚に障害のあるお客様と付添のかたが対象となります。
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、付添者を必須とさせていただきます。

【お申し込み方法・お申し込み先】
下記いずれかの方法で、東京芸術劇場ボックスオフィスに必要事項をお知らせください。
電話: 0570-010-296(休館日を除く10時~19時/ナビダイヤル)
FAX: 03-5944-8651
メール: ticket@geigeki.jp
※件名に「『パイプオルガンコンサート』公演説明会希望」と明記してください。

【お申し込み必要事項】
①氏名: (視覚に障害のあるかたが対象となります)
②付添者の氏名:(補助犬をお連れになる場合は、その旨も必ずお知らせください)
③連絡先: 電話・FAX番号、またはメールアドレス

【お申し込み締切】
2021年10月7日(木曜日)17時

★新型コロナウイルス感染拡大防止のため、付添人の同伴を必須とさせていただきます。
★体調不良が認められる場合は、ご入場をお断りする場合があります。予めご了承下さい。
★当日は障害者手帳をご持参ください。
★当日ご来場出来なくなった場合や、ご到着が遅れる場合には、必ず東京芸術劇場ボックスオフィス(電話:0570-010-296/メール: ticket@geigeki.jp)へご連絡ください。


10月16日 新日本フィル 創立50周年記念特別演奏会第1弾 チャリティ・コンサート

ひがしん presents 新日本フィル 創立50周年記念特別演奏会第1弾 チャリティ・コンサート 星に願いを
~親から子へ、聴かせたい名曲~

【日時】
2021年10月16日(土曜日)
13時 開場
14時 開演

【会場】
すみだトリフォニーホール
東京都墨田区錦糸1-2-3

【アクセス】
JR総武線「錦糸町駅」北口より徒歩5分
東京メトロ半蔵門線「錦糸町駅」3番出口より徒歩5分

【演目】
ハーライン:「星に願いを」
ゴールドスミス:『スター・トレック』メドレー
マンシーニ:「ムーン・リバー」
ドラえもんの楽器紹介
カバレフスキー:組曲「道化師」
ホルスト:組曲「惑星」 op. 32より「木星」
ほか

演奏 新日本フィルハーモニー交響楽団
指揮 藤野浩一
クラウン(ピエロ) 岩佐麻里子(元リングリングブラザーズ・アンド・バーナムアンドベイリーサーカス所属)

【チケット】
先着60名様ご招待
※お申し込みは新日本フィルハーモニー交響楽団にお願いいたします。

【定員】
60名

【お申し込み方法・お申し込み先】
新日本フィルハーモニー交響楽団 事務局 西 春菜
下記必要事項を記載してメール:haruna@njp.or.jpにご連絡ください。
①氏名
②付添者の氏名
③連絡先:電話・FAX番号、またはメールアドレス
※補助犬をお連れになる場合はその旨も必ずお知らせください。

【お申し込み締切】
受付締切: 2021年10月1日(金曜日)18時
※定員に達し次第締め切らせていただきます。

【主催】
主催 新日本フィルハーモニー交響楽団
共催 東京東信用金庫
協力 ひがしんグループ/すみだトリフォニーホール

※詳細は下記新日本フィルのウェブサイトをご覧ください。
新日本フィルハーモニー交響楽団 公演詳細ページ:https://www.njp.or.jp/concerts/24247


10月21日~24日 桒山賀行と土曜会 第30回 手で触れて見る彫刻展

2年ぶりとなる「第30回 手で触れて見る彫刻展」を開催いたします!
藤沢市在住の桒山賀行氏の作品をはじめ、同氏が主宰する土曜会の皆さんの力作を多数展示しております。
視覚に障がいのある方が制作された木彫の展示もございます。
木の芸術、触れる芸術をご堪能いただきたく、出品者をはじめ、関係者一同、心より皆様の来場をお待ちしております。

【日時】
2021年10月21日(木曜日)~10月24日(日曜日)
10時から17時まで
(21日(木曜日)のみ13時から17時まで)

【会場】
藤沢市民会館 第一展示集会ホール2階
藤沢市鵠沼東8-1

【アクセス】
JR東海道本線・小田急線・江ノ電「藤沢駅」南口より徒歩10分

【入場料】
無料
※詳細は下記をご覧ください。
第30回 手で触れて見る彫刻展 紹介ページ:https://www.city.fujisawa.kanagawa.jp/sogotosyo/event/tenji/chokokuten30.html


10月22日~24日 手でみるプロジェクト2021 ふれてみる展覧会

美術は豊かな感性を育むと言われていますが、その鑑賞マナーについては「さわらないで」「しゃべらないで」というような、ちょっと堅苦しい印象があります。
もっと美術鑑賞を自由に楽しく身近に感じてもらうために、本プロジェクトは、作品に手で触れながら鑑賞する方法に着目し、絵画や彫刻などをよりわかりやすく体感できる展覧会・ワークショップを開催します。

【日時】
2021年10月22日(金曜日)13時から17時
2021年10月23日(土曜日)10時から17時
2021年10月24日(日曜日)10時から16時

【会場】
山梨県立図書館 交流ルーム101・102
山梨県甲府市北口2-8-1

【アクセス】
JR中央本線・身延線「甲府駅」北口より徒歩5分

【お問い合わせ】
「手でみるプロジェクト」事務局
国立大学法人 山梨大学 武末裕子
メール: htakesue@yamanashi.ac.jp

公立大学法人山梨県立大学 古屋祥子
メール: s-furuya@yamanashi-ken.ac.jp

※詳細は下記をご覧ください。
ふれてみる展覧会について:https://www.lib.pref.yamanashi.jp/event/2021/09/20211022doyoubi-24.html


10月23日 手でみるプロジェクト2021 Zoom鑑賞会

豊かな感性を育む美術にはたくさんの鑑賞の糸口があります
本企画は2015年度から、触覚による鑑賞と彫刻的な視点を軸としてリサーチ・連帯を続けてきた、『手でみるプロジェクトの公開レクチャーです。

【日時】
2021年10月23日(土曜日)13時30分から15時

【内容】
13時30分から14時 「手でみる絵画 ミレー「種をまく人」レリーフ鑑賞会」
14時から15時 「イタリア ふれて鑑賞できる美術館からのメッセージ」

【お申し込み方法・お申し込み先】
以下の申し込みフォームからお申し込みください。
鑑賞会・zoom配信申し込み先フォーム:https://docs.google.com/forms/d/1JVPhS9It_28Qh9TR24Y_F-NI7_Oah6gvtZq5iDKh3lU/viewform?edit_requested=true

【お申し込み締切】
2021年10月20日(水曜日)
※オンラインは200名まで先着、zoomURLをお送りします。期間外定員後の受付・返信はできません。

【お問い合わせ】
「手でみるプロジェクト」事務局
国立大学法人 山梨大学 武末裕子
メール: htakesue@yamanashi.ac.jp

※詳細は下記をご覧ください。
「手でみるプロジェクト2021」開催について:https://www.yamanashi.ac.jp/33682


10月23日 丸の内交響楽団 第27回演奏会のご案内

【日時】
2021年10月23日(土曜日)
12時30分 開場
13時30分 開演

【会場】
すみだトリフォニーホール
東京都墨田区錦糸1-2-3

【アクセス】
JR総武線「錦糸町駅」北口より徒歩5分
東京メトロ半蔵門線「錦糸町駅」3番出口より徒歩5分

【演目】
R.ワーグナー 「ニュルンベルクのマイスタージンガー」より第一幕への前奏曲
J.シベリウス ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 作品47
P.I.チャイコフスキー 交響曲第5番 ホ短調 作品64
演奏 丸の内交響楽団
指揮 和田一樹
ソリスト 渡邉みな子(ヴァイオリン)

【チケット】
日本点字図書館からのお申込者は全員ご招待

【定員】
100名

【お申し込み方法・お問い合わせ先】
丸の内交響楽団 事務局
電話: 090-8850-6052
FAX: 042-339-3616
メール: ticket21@marunouchi-orchestra.jp
※「日本点字図書館のホームページを見ました。」と伝えてください。

【お申し込み締切】
2021年10月15日(金曜日)17時

【主催】
主催 丸の内交響楽団
共催 トヨタ自動車株式会社
協賛 東京都トヨタ販売会社グループ
協力 公益社団法人日本アマチュアオーケストラ連盟

※詳細は下記PDFのリンク、または丸の内交響楽団のホームぺージをご覧ください。
丸の内交響楽団 第27回定期演奏会 ご案内: PDFファイルを表示します
丸の内交響楽団ホームページ: http://marunouchi-orchestra.jp/


10月31日 新交響楽団 第255回演奏会のご案内

【日時】
2021年10月31日(日曜日)
13時00分 開場
14時00分 開演

【会場】
東京芸術劇場コンサートホール
東京都豊島区西池袋1-8-1

【アクセス】
JR・東京メトロ・東武東上線・西武池袋線 池袋駅西口より徒歩2分。駅地下通路2b出口と直結

【演目】
ワーグナー/歌劇「リエンツィ」序曲
ワーグナー/歌劇「タンホイザー」序曲
ブルックナー/交響曲第3番ニ短調

【チケット】
S席: 3,000円
A席: 2,000円
※当日券のみ。残席わずか。
※ご招待券のお申し込みは10月21日に締め切られました。
※点字プログラムを若干数用意しております。入口でお渡しいたしますのでお申し付けください

【お申し込み・お問い合わせ先】
電話(コンサートイマジン): 03-3235-3777(10時~18時 日曜・祝日をのぞく)
メール: tenji@shin-kyo.org
新交響楽団ホームページ: http://www.shinkyo.com/


11月16日 第34回国際親善交流特別演奏会のご案内

【日時】
2021年11月16日(火曜日)
18時00分 開場
18時30分 開演

【会場】
東京芸術劇場コンサートホール
東京都豊島区西池袋1-8-1

【アクセス】
JR・東京メトロ・東武東上線・西武池袋線 池袋駅西口より徒歩2分。駅地下通路2b出口と直結

【演目】
ハイドン/トランペット協奏曲 変ホ長調 Hob.Ⅶe-1
ブラームス/ピアノ協奏曲第2番 変ロ長調 作品83
ドヴォルザーク/交響曲第7番 ニ短調 作品70

【出演】
指揮: 及川光悦
トランペット: アンドレ・アンリ
ピアノ: 海老彰子
演奏: モーツァルト・ヴィルトゥオーゾ祝祭管弦楽団

【チケット】
先着100名様ご招待(全席指定)

【お申し込み方法・お申し込み先】
招待券をご希望のかたは、お電話にて住所・氏名・電話番号・チケットの枚数・盲導犬同伴の有無・車椅子使用の有無をお知らせください。
アテンドのかたとご参加の場合は、そのかたの氏名と電話番号もお知らせください。
送迎サポート及び会場内でのサポートが行えません。サポートが必要な場合は、必ずアテンドのかたとご参加ください。

電話: 03-3209-0241
担当: 日本点字図書館 総務部 野村
チラシ(PDF)

【お申し込み締切】
2021年10月23日(土曜日)


11月20日 東京芸術劇場 NODA・MAP番外公演「THE BEE」

10秒に一度、何かが起こる……ユーモアと戦慄の75分!
『THE BEE』の創作が始まった2003年のロンドンでのワークショップ以来、まさに"生の演劇の力"で、観る者の度肝を抜くアイデアと創意工夫に満ちた本作を創り出してきた野田。
NODA・MAP作品では初の演出に専念。果たして野田は『THE BEE』にどんな新たな命を吹き込もうというのか!?
ホームページ: https://www.geigeki.jp/performance/theater293/

【日時】
2021年11月20(土曜日)
12時30分 受付(チケット引取)開始
12時40分 舞台説明会開始
13時15分 開演
※舞台説明会開始時刻は、お申し込みのお客様に後日ご連絡いたします。

【会場】
東京芸術劇場 シアターイースト
東京都豊島区西池袋1-8-1

【アクセス】
JR・東京メトロ・東武東上線・西武池袋線 池袋駅西口より徒歩2分。駅地下通路2b出口と直結

【チケット】
S席 9,000円のみ(障害者割引は適用されません。)
※本公演は、チケットはご本人・付添者共に定価でのご案内となります。

【定員】
4組8名(先着順、付添者必須)
※本サービスは、視覚に障害のあるお客様と付添のかたが対象となります。
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、付添者を必須とさせていただきます。

【舞台説明会・チケット抽選販売お申し込み方法】
下記いずれかの方法で、東京芸術劇場ボックスオフィスに必要事項をお知らせください。
電話:0570-010-296(休館日を除く10時~19時/ナビダイヤル)
FAX:03-5944-8651
メール: ticket@geigeki.jp
※件名に「『THE BEE』舞台説明会」と明記してください。

【お申し込み必要事項】
①氏名:(視覚に障害のあるかたが対象となります)
②付添者の氏名:(補助犬をお連れになる場合はその旨も必ずお知らせください)
③連絡先:電話・FAX番号、またはメールアドレス
④お支払方法(下記A・Bいずれかをお選びください。)
 A:東京芸術劇場ボックスオフィスへ来館しお支払い(手数料無料)
 B:セブンイレブンかファミリーマートにてお支払い(手数料110円/枚)

【チケット抽選販売について】
鑑賞サポートのご参加にあたっては、字幕機・舞台説明会のご予約の他に、別途チケットの購入が必要ですが、NODA・MAP公演は毎回ご好評をいただいており、チケット購入が難しい状況が発生しております。
そこで、鑑賞サポートご参加希望のお客様に限り、以下の要領でチケットのご予約を承ります。
お席に限りがありますため、お席のご用意可否は抽選にて決定させていただきます。
お申込みいただいたすべての方へ、抽選結果および引取方法をご連絡します。

抽選予約期間:2021年10月7日(木曜日)10時~10月14日(木曜日)23時59分
当落結果通知:10月15日(金曜日)
入金期間:10月15日(金曜日)~10月21日(木曜日)

★ポータブル字幕機をお膝元に置いていただくためのクッションの貸出しを停止しています。
★舞台説明会は付添者必須とさせていただきます。
★当日ご来場できなくなった場合や、舞台説明会開始・開演時刻に間に合わない場合は、必ず東京芸術劇場ボックスオフィス(電話:0570-010-296/メール: ticket@geigeki.jp)へご連絡ください。


11月21日・27日 新国立劇場 演劇「イロアセル」観劇サポートのご案内

「イロアセル」

海に浮かぶ小さな島。その島民たちの言葉にはそれぞれ固有の色がついている。それは風にのって空を漂い、いつ、どこで発言しても、誰の言葉なのかすぐに特定されてしまう。だから島民たちはウソをつかない。ウソをつけない。
ある日丘の上に檻が設置され、島の外から囚人と看守がやって来る。島民は気づく。彼らの前で話す時だけは、自分たちの言葉から色がなくなることに――。

【日時】
2021年11月21日(日曜日)・27日(土曜日)
11時 受付開始
11時30分 舞台説明会
13時 開演

【会場】
新国立劇場 小劇場
東京都渋谷区本町1-1-1

【アクセス】
京王新線「初台駅」中央口より徒歩5分

【チケット料金】
観劇サポートは無料です。
A席 7,700円(障害者割引料金:6,160円)
B席 3,300円(障害者割引料金:2,640円)
*観劇サポートは無料です。要予約。お付き添い含む先着20名様まで。
*障害者手帳等をお持ちのご本人は、障害者割引料金になります。また、第一種の手帳をお持ちの方は、お付き添い1名様のチケットが無料になります。

【定員】
お付き添い含む先着20名様まで。

【お申し込み方法・お問い合わせ先】
新国立劇場ボックスオフィス(10時~18時/休館日を除き年中無休)
電話: 03-5352-9999

お問い合わせは観劇サポート係まで。(10時~18時/休館日を除き年中無休)
電話: 03-5352-5742
FAX: 03-5352-5744
メール: opera09@nntt.jac.go.jp

※詳細はホームぺージをご覧ください。
11月「イロアセル」での耳や目に障害のあるお客様への観劇サポートのご案内: https://www.nntt.jac.go.jp/play/news/detail/13_020986.html
「イロアセル」公演案内: https://www.nntt.jac.go.jp/play/iroaseru/


11月25日 NPO法人TOMO設立15周年記念 塩谷靖子ソプラノ・リサイタル

【日時】
2021年11月25日(木曜日)
14時開場 16時終演予定

【会場】
新宿文化センター小ホール
東京都新宿区新宿6-14-1

【アクセス】
JR線、京王線、小田急線「新宿駅」東口より徒歩15分
東京メトロ副都心線、都営大江戸線「東新宿駅」A3出口より徒歩5分
東京メトロ丸ノ内線、副都心線「新宿三丁目駅」E1出口より徒歩7分、B3出口(伊勢丹前)より徒歩11分
都営新宿線「新宿三丁目駅」C7出口より徒歩10分
西武新宿線「西武新宿駅」徒歩15分

【演奏予定曲目】
「初恋」石川啄木 作詩/越谷達之助 作曲
「荒城の月~月光ソナタの中で~」土井晩翠 作詩/瀧廉太郎 作曲/岩河三郎 編曲
朗読「柳青める日」塩谷靖子 作(「点字毎日」に掲載、後に古関裕而記念館によるエッセイ募集で選ばれた作品)
「君の名は」菊田一夫 作詩/古関裕而 作曲
「長崎の鐘~新しき朝の」サトウハチロー 作詩/永井隆 作歌/古関裕而 作曲
「歌の翼に」メンデルスゾーン 作曲
「セレナーデ」シューベルト 作曲
「帰れソレントへ」デ・クルティス 作曲

【入場料】
TOMO利用者、ガイドヘルパー:500円
TOMO以外の一般来場者:1000円
当日、受付にて精算いたします。

【定員】
210名

【お申し込み方法・お問い合わせ先】
TOMO
電話: 03-3208-0014
メール: tomo18@tomoguide.jp

【お申し込み締切】
2021年11月10日(金曜日)
また、定員に達し次第締め切りいたします。

NPO法人TOMOは、平成18年10月に設立され、今年で15周年を迎えました。
視覚障碍者の外出を支援し、視覚障碍者が日常生活を楽しみ、健康で豊かな人生を送れるように事業を進めてきました。
こうした事業を進めてこられたのも、利用者、ガイドヘルパーの皆様の多大なご尽力によるもので、深く感謝いたします。これまでは『基礎作り』でありましたが、今後は量・質ともに拡大・充実を図って行きたいと思います。
この記念リサイタルが、その第1歩となることを切に願うものです。(NPO法人TOMO 理事長 山口和彦)


11月28日・12月4日 劇団民藝 演劇『集金旅行』 事前舞台説明会のご案内

『集金旅行』

2013年の初演いらい日本各地を巡演してきた傑作喜劇『集金旅行』が、いよいよ東京に舞い戻ってきます
「黒い雨」などで知られる井伏鱒二が1935年に発表した連作小説「集金旅行」を初めて舞台化。
あらすじ:
東京荻窪のアパートの主人がぽっくり亡くなった。
家族も親戚もなく、遺されたのはかなりの額の借金。
住み続けたい居住者たちは一計を案じる。
部屋代を踏み倒して夜逃げしていった不心得者たちの郷里を巡り、故人に代わって滞納金を取り立て、借金の返済に当てようというのだ。
不運な役を受ける羽目になった十号室の自称"売れない小説家"のヤブセマスオ氏はしぶしぶ中国地方・九州へ向かう。
それを知った七号室のコマツランコさんは、同行して各地にいる昔の不実な恋人たちから慰謝料を取り立てたいと……。
こうして目的の違う集金人二人の奇妙な道中が始まる。
ホームページ: https://www.gekidanmingei.co.jp/performance/2021_shukinryokou/

【日時】
2021年11月28日(金曜日)・12月4日(土曜日)(各日共通)
12時30分(予定) 舞台説明会開始(20分程度)
13時(予定) 開場
13時30分(予定) 開演
※事前舞台説明会に参加ご希望で日程調整が難しい方はご相談ください。
※前方席の確保を心がけております。お早目のお申込みをお願い致します。
※点字チラシもございます。点字版DMもございますのでお申し付けください。
※点字パンフレットも販売致します。墨字と同内容同価格です(要予約)。
※盲導犬もご入場いただけます(要事前連絡)。
※舞台装置の触れるミニチュア模型をご用意しております。
劇団民藝 バリアフリー観劇について: http://www.gekidanmingei.co.jp/reservation/barrierfree/

【会場】
俳優座劇場
東京都港区六本木4-9-2

【アクセス】
都営地下鉄大江戸線「六本木駅」6出口すぐ
東京メトロ日比谷線「六本木駅」4b出口徒歩5分

【チケット】
障害者手帳をお持ちの方
一般料金 6,000円(6,600円より600円引き)
夜チケット 4,400円(割引はございません)
付添者 1名無料
※全席指定・税込み

【お申し込み方法・お申し込み先】
劇団民藝
電話: 044-987-7711(月曜日~土曜日 10時~18時)
FAX: 044-986-0034
メール: seisaku@gekidanmingei.co.jp
お申し込みの際に「バリアフリー観劇」とお申し付けください。


12月5日 「ミュージック・イン・ザ・ダーク」と鑑賞ガイドのご案内

ミュージック・イン・ザ・ダーク~暗闇の中、ステージと客席とで共有される未知の音楽体験~
「ミュージック・イン・ザ・ダーク」は、視覚障がいのある演奏家との合同メンバーによるアンサンブルが、照明をすべて消した暗闇の空間で演奏し、視覚以外の感覚を通して音楽を享受するコンサートです。
本コンサートはこれまで、クラシック音楽のプログラムで5回の後援を行ってきましたが、今回初めて日本の伝統楽器によるアンサンブルに挑戦します。
*視覚に障がいのあるお客様のための「鑑賞ガイド」も開催いたします(「鑑賞ガイド」参加無料/参加人数制限あり)

【日時】
2021年12月5日(日曜日)
13時15分 開場
14時00分 開演

視覚に障がいのあるお客様のための「鑑賞ガイド」
12時30分 受付開始
13時 ガイド開始

【会場】
横浜能楽堂
神奈川県横浜市西区紅葉ケ丘27-2

【アクセス】
JR根岸線「桜木町」北改札・西口より徒歩12分
市営地下鉄線「桜木町」南1出口より徒歩12分
みなとみらい線「みなとみらい」より徒歩12分
東京メトロ半蔵門線「錦糸町駅」3番出口より徒歩5分

【演目】
アメイジング・グレイス
鶴の巣籠/流祖 中尾都山 作曲
春の海/宮城道雄 作曲
ほか

【出演者】
藤原道山(尺八)
風雅竹韻(尺八アンサンブル)
澤村祐司(箏)
*特別ゲスト
筑波大学附属視覚特別支援学校高等部音楽科2年
小汐唯菜(声楽)
町田天音(声楽)

【チケット料金】
障がい者手帳等をお持ちの方:3,500円
ペア券(障がい者手帳等をお持ちの方と介助者1名の並び席):7,000円
視覚に障がいのあるお客様のための「鑑賞ガイド」の申し込み:無料(参加人数制限あり)
※「鑑賞ガイド」をご機能の方は、チケットご予約の際にご一緒にお申し込みください。

【お申し込み方法・お申し込み先】
横浜みなとみらいホール仮事務所チケットセンター
電話: 045-682-2000(月曜日~木曜日 11時~16時 祝日・休業日は除く)
チケットセンターWEB
メール: http://minatomirai.pia.jp/
WEBの場合、ユーザー登録が必要になります。



本文 おわり

補助メニュー