トップページへ

ここから本文

企業・団体等から寄せられた催しのご案内

2021年8月1日更新

企業・団体等から寄せられた催しの情報をお届けします。
当館の主催ではありませんので、内容に関するお問い合わせ先やチケット等のお申し込み先は、催しごとにご確認ください。

※本ページへの情報掲載をご希望の企業・団体等のご担当者様は、こちらをご確認ください。


8月 シネマ・チュプキ・タバタ 上映映画のご案内

シネマ・チュプキ・タバタは、日本初のバリアフリー映画館です。
車いすスペースや親子鑑賞室を設置し、イヤホン音声ガイドや字幕付き上映を常時行っています。


『ちむぐりさ 菜の花の沖縄日記』(アンコール上映)

2020年製作/106分/日本/ドキュメンタリー
「とどいてほしいひとりの少女が紡いだ言葉。あなたが知らない沖縄の明るさの向こう側。」
沖縄の言葉、ウチナーグチには「悲しい」という言葉はない。
それに近い言葉は「肝(ちむ)ぐりさ」。誰かの心の痛みを自分の悲しみとして一緒に胸を痛めること。
そんな沖縄に、ひとりの少女がやってきた。北国・能登半島で生まれ育った、坂本菜の花さん、15歳。
「おじぃ なぜ明るいの?」。疑問から始まった日記は、菜の花さんが自分の目で見て感じることを大切に、自分にできることは何かを考え続けた旅物語だった。

【日時】
2021年8月1日(日曜日)~15日(日曜日) 10時30分~


『この世界の片隅に』

2016年製作/128分/日本/アニメーション
「大切なものを亡くしても わたしはここで生きていく。」
昭和19年2月、すずさんは呉へとお嫁にやって来る。
呉は日本一の軍港の街として栄え、世界最大の戦艦と謳われた「大和」も呉を母港としていた。
見知らぬ土地で、海軍勤務の文官・北條周作の妻となったすずさんの日々が始まった。

【日時】
2021年8月1日(日曜日)~15日(日曜日) 12時40分~


『海辺の映画館~キネマの玉手箱』

2019年製作/179分/日本

「また見つかった。何がだ?永遠。」
尾道の海辺にある唯一の映画館「瀬戸内キネマ」が、閉館を迎えた。
嵐の夜となった最終日のプログラムは、「日本の戦争映画大特集」のオールナイト上映。
上映がはじまると、映画を観ていた青年の毬男、鳳介、茂は、突然劇場を襲った稲妻の閃光に包まれ、スクリーンの世界にタイムリープする。

【日時】
2021年8月1日(日曜日)~15日(日曜日) 15時10分~


『漁港の肉子ちゃん』

2021年製作/97分/日本/アニメーション

「”普通が一番ええのやで”肉子ちゃんが幸せを届けます。」
愛情深い性格ゆえに、これまでの人生、ダメ男ばかりを引き寄せては、何度もだまされてきた母・肉子ちゃん。
とんでもなく豪快で、子どもみたいに純粋な母に比べて、しっかりもので大人びた性格の小学5年の娘・キクコ。
ふたりは肉子ちゃんの恋が終わるたびに各地を放浪し、北の漁港の町へと流れ着く。

【日時】
2021年8月16日(月曜日)~31日(火曜日) 10時30分~


『アルプススタンドのはしの方』(アンコール上映)

2020年製作/75分/日本

「そこは、輝けない私たちのちょっとだけ輝ける特等席。」
高校野球・夏の甲子園一回戦。夢の舞台でスポットライトを浴びている選手たちを観客席の端っこで見つめるさえない4人。
最初から「しょうがない」と勝負を諦めていた演劇部の安田と田宮、
ベンチウォーマーの矢野を馬鹿にする元野球部の藤野、エースの園田に密かな想いを寄せる宮下の4人だったが、
それぞれの想いが交差し、先の読めない試合展開と共にいつしか熱を帯びていく……。

【日時】
2021年8月16日(月曜日)~31日(火曜日) 12時40分~


『きまじめ楽隊のぼんやり戦争』

2020年/105分/日本

「川の向こうは、とてもコワイ。らしい。」
町境である一本の川を挟んで〝朝9時から夕方5時まで″規則正しく戦争をしている二つの町。
川の向こうの町をよく知るひとはいない。だけど、とてもコワイらしい。
津平町に暮らす真面目な兵隊・露木がある日突然言い渡されたのは、音楽隊への人事異動?!
そんな中、偶然向こう岸から聞こえる音楽と出会い、その音色に心を惹かれていく…。一方、町ではある噂が広がっていて——。

【日時】
2021年8月16日(月曜日)~31日(火曜日) 14時25分~


『戦場のメリークリスマス 4K修復版』

1983年/123分/日本・イギリス・ニュージーランド合作

「戦闘シーンのない戦争映画。出演者は全て男。戦争の闇を容赦なく描く大島渚監督、最大のヒット作」
1942年。第2次大戦中のインドネシア、ジャワ島山中。
日本軍捕虜収容所を舞台に、極限状態に置かれた男たちの相克を描いた異色のヒューマンドラマ。

【日時】
2021年8月16日(月曜日)~31日(火曜日) 16時40分~


シネマ・チュプキ・タバタ

【アクセス】
JR山手線・京浜東北線 田端駅北口を出て、右方向徒歩5分

【お申し込み・お問い合わせ先】
電話: 03-6240-8480
ホームページ: https://chupki.jpn.org/
各映画の詳細は、シネマ・チュプキ・タバタのホームページをご覧ください。
休館日:水曜日


7月20日~9月5日 東京国立博物館 親と子のギャラリー『まるごと体験!日本の文化 リターンズ』のご案内

【日時】
2021年7月20日(火曜日)~9月5日(日曜日) 9時30分~17時
※休館日:月曜日。ただし8月9日は開館

【会場】
東京国立博物館 本館特別4室
東京都台東区上野公園13-9

【アクセス】
JR上野駅公園口・鶯谷駅南口から徒歩10分、東京メトロ銀座線・日比谷線上野駅・千代田線根津駅、京成電鉄京成上野駅から徒歩15分

【事前予約制】
入館は事前予約(日時指定券)制としております。入館無料のかたや会員のかたを含め、すべてのお客様が対象です。
予約サイトからのみ予約可能です。電話等ではお申し込みできません。

【観覧料】
一般1,000円、大学生500円
※総合文化展観覧料でご覧いただけます。
※障害者とその介護者1名は無料。入館の際に障害者手帳等をご提示ください。

【内容】
さまざまな文化財の中から「浮世絵」「うるし」「きもの」「よろい」をテーマに取り上げ、その魅力や楽しさを参加型の展示によって体験できます。
「浮世絵」コーナーでは、浮世絵版画の摺り工程を説明した点字冊子をお貸しします。
※「きもの」コーナーは7月20日(火曜日)~8月15日(日曜日)、「よろい」コーナーは8月17日(火曜日)~9月5日(日曜日)に実施します。

【お問い合わせ先】
電話: 050-5541-8600(ハローダイヤル)
ホームページ: https://www.tnm.jp/modules/r_event/index.php?controller=dtl&cid=13&id=10609


8月8日 フレッシュガラコンサート第203回&塩谷靖子(ソプラノ)ミニリサイタルのご案内

【日時】
2021年8月8日(日曜日)
14時30分 開場
14時40分 開演

【会場】
としま区民センター小ホール(6階)
東京都豊島区東池袋1-20-10

【アクセス】
JR・東京メトロ・東武東上線・西武池袋線 池袋駅東口より徒歩7分

【チケット】
全席自由2,000円
※障害者の方の付き添いは無料。

【お申し込み・お問い合わせ先】
及川音楽事務所
電話&FAX: 03-3981-6052
携帯電話: 070-5592-6402
Email: oikawakazuharu@s7.dion.ne.jp
http://oikawa-classic.com/


8月28日 東京芸術劇場 演劇『カノン』 舞台説明会のご案内

『カノン』

野田秀樹の型破りでイメージにあふれ、あまりにもオリジナルなその戯曲に国内外の才能あふれる演出家が敢然と挑むシリーズ企画!2015年に演劇系大学共同制作Vol.3で「カノン」を演出した野上絹代の才能を見込み、野田自身が再演を希望しました。オーディションで選ばれた俳優陣の熱演にご期待ください。

あらすじ:
牢番の太郎(中島広稀)は、囚われの身の沙金に心奪われ牢から逃してしまう。その罪の放免の為に沙金(さとうほなみ)率いる盗賊団のアジトに潜り込んで『ある事』を探る密偵を都の権力者、天麩羅判官(渡辺いっけい)に命じられる。窃盗に対して弱腰の太郎だったが、思想犯で捕らえられた実の弟、次郎(小田龍哉)を助けるために人を殺め、それをきっかけに罪を重ね、更に沙金への想いを募らせていく。次郎は盗賊団に加わり、信念のもとに行われる盗みを説き、判官屋敷にある『自由』を盗むことを仲間達に提案する。一方、天婦羅判官は屋敷に保管している絵画の『ある事』に繋がる隠された真実を部下に漏らすのだった。
ホームページ: https://www.geigeki.jp/performance/theater278/

【日時】
2021年8月28日(土曜日)
11時45分(予定) 舞台説明会開始
12時15分(予定) ロビー開場
13時 開演
※受付・舞台説明会の開始時刻は、お申込みのお客様に後日ご連絡いたします。

【会場】
東京芸術劇場 シアターイースト(地下1階)
東京都豊島区西池袋1-8-1

【アクセス】
JR・東京メトロ・東武東上線・西武池袋線 池袋駅西口より徒歩2分。駅地下通路2b出口と直結

【チケット】
障害者手帳をお持ちの方 4,500円(付添1名様無料)
※全席指定・税込

【定員】
5組10名(先着順、付添者必須)
※本サービスは、視覚に障害のあるお客様と付添のかたが対象となります。

【お申し込み方法・お申し込み先】
下記いずれかの方法で、東京芸術劇場ボックスオフィスに必要事項をお知らせください。
電話: 0570-010-296(休館日を除く10時~19時/ナビダイヤル)
FAX: 03-5944-8651
メール: ticket@geigeki.jp
※件名に「『カノン』舞台説明会希望」と明記してください。

【お申し込み必要事項】
①氏名: (視覚に障害のあるかたが対象となります)
②付添者の氏名:(補助犬をお連れになる場合はその旨も必ずお知らせください)
③連絡先: 電話・FAX番号、またはメールアドレス

【お申し込み受付日程】
受付開始: 2021年7月17日(土曜日)10時
受付締切: 2021年8月18日(水曜日)17時
※先着順。定員に達し次第、受付を終了しますので、あらかじめご了承ください。

★新型コロナウイルス感染拡大防止のため、付添人の同伴を必須とさせていただきます。
★当日は、障害者手帳をご持参ください。
★当日ご来場出来なくなった場合や舞台説明会に間に合わない場合には、必ず東京芸術劇場ボックスオフィス(電話:0570-010-296/メール: ticket@geigeki.jp)へご連絡ください。


9月5日 東京芸術劇場 演劇『Le Fils 息子』 舞台説明会のご案内

『Le Fils 息子』

『Le Pere 父』の作・演出家による第2弾!世界13ヶ国で絶賛を浴びた傑作が、待望の日本初演! 『Le Pere 父』をアンソニー・ホプキンス主演で映画化し、今年の第93回アカデミー賞に作品賞をはじめ6部門にノミネートされるなど、映画監督としても高い評価を得て、世界中から注目されている話題のフランスの若手劇作家フロリアン・ゼレール。この度、ゼレールの最新作『Le Fils 息子』の日本初演が決定しました。
演出を担うのは、フランスオリジナル版を演出し、スタイリッシュに魅せるステージが称賛を呼んでいるラディスラス・ショラー。2020年読売演劇大賞優秀作品賞『Le Pere 父』の演出に続き、深い洞察と緻密な演出で人間の本質を描きます。
『La Mere 母』で始まり『Le Pere 父』へと続いた家族三部作を締めくくる『Le Fils 息子』は、もつれあう家族の心の複雑さを独自のスタイルで描いた、ゼレールの最も悲劇的で普遍的な作品です。言葉の背後にある、言葉にできない表現で、観客の心に問いかけます。どうぞご期待ください!
ホームページ: https://www.geigeki.jp/performance/theater277/

【日時】
2021年9月5日(日曜日)
13時(予定) ロビー開場
14時 開演
※受付・舞台説明会の開始時刻は、お申込みのお客様に後日ご連絡いたします。

【会場】
東京芸術劇場 プレイハウス
東京都豊島区西池袋1-8-1

【アクセス】
JR・東京メトロ・東武東上線・西武池袋線 池袋駅西口より徒歩2分。駅地下通路2b出口と直結

【チケット】
障害者手帳をお持ちの方 7,920円(S席のみ・付添1名様無料)
※全席指定・税込

【定員】
5組10名(先着順、付添者必須)
※本サービスは、視覚に障害のあるお客様と付添のかたが対象となります。

【お申し込み方法・お申し込み先】
下記いずれかの方法で、東京芸術劇場ボックスオフィスに必要事項をお知らせください。
電話: 0570-010-296(休館日を除く10時~19時/ナビダイヤル)
FAX: 03-5944-8651
メール: ticket@geigeki.jp
※件名に「『Le Fils 息子』舞台説明会希望」と明記してください。

【お申し込み必要事項】
①氏名: (視覚に障害のあるかたが対象となります)
②付添者の氏名:(補助犬をお連れになる場合はその旨も必ずお知らせください)
③連絡先: 電話・FAX番号、またはメールアドレス

【お申し込み受付日程】
受付開始: 2021年7月10日(土曜日)10時
受付締切: 2021年8月29日(日曜日)17時
※先着順。定員に達し次第、受付を終了しますので、あらかじめご了承ください。

★新型コロナウイルス感染拡大防止のため、付添人の同伴を必須とさせていただきます。
★当日は、障害者手帳をご持参ください。
★当日ご来場出来なくなった場合や舞台説明会に間に合わない場合には、必ず東京芸術劇場ボックスオフィス(電話:0570-010-296/メール: ticket@geigeki.jp)へご連絡ください。


9月10日・11日・12日 劇団民藝 演劇『パレードを待ちながら』 事前舞台説明会のご案内

『パレードを待ちながら』

1977年の初演以来くり返し上演され、いまもカナダ市民に愛されつづけている『パレードを待ちながら』を新翻訳で上演します。
作者マレルは、カナダ西部カルガリーの第2次大戦の記憶を劇化するため市民の証言を集めましたが、彼の胸をうったのは女性のウィットとたくましさでした。
歌とダンスとユーモアが苦悩と悲しみに満ちた女性の銃後の暮らしを彩り、男性の愚かしさがいまも変わらぬことに警鐘を鳴らします。
マレルは、過去の事件やイベントはいまの私たちの“日常”に影響を与えつづけ、歴史のパレードは決して目の前を通り過ぎることはないと述べ、歴史のパレードの目撃者である私たちに、くり返し“歴史”と対話することの必要性を訴えます。

あらすじ:
第2次大戦下、名誉と栄光に駆られた男たちが勇んで戦地に行進していったカナダ・カルガリー。
男たちのため国のために銃後を守り奉仕活動に励む5人の女たちは、おしゃべりと流行歌とダンスで「非常時」を耐え、愛する男たちを待ちつづけます。
しかし、戦争が長引くにつれ、家族はとても大事だけれど、家族がすべてでないことを、愛国心はとても大事だけれど、愛国心がすべてでないことを悟り始めます。
行進しつづける軍楽隊のパレードに女性たちは……。
ホームページ: http://www.gekidanmingei.co.jp/performance/2021_waiting-for-the-parade/

【日時】
2021年9月10日(金曜日)・11日(土曜日)・12日(日曜日)(各日共通)
12時30分(予定) 舞台説明会開始(20分程度)
13時(予定) 開場
13時(予定) 開場
※事前舞台説明会に参加ご希望で日程調整が難しい方はご相談ください。
※前方席の確保を心がけております。お早目のお申込みをお願い致します。
※点字チラシもございます。点字版DMもございますのでお申し付けください。
※点字パンフレットも販売致します。墨字と同内容同価格です(要予約)。
※盲導犬もご入場いただけます(要事前連絡)。
劇団民藝 バリアフリー観劇について: http://www.gekidanmingei.co.jp/reservation/barrierfree/

【会場】
紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA
東京都渋谷区千駄ケ谷5丁目24-2 タカシマヤタイムズスクエア南館7F

【アクセス】
JR新宿駅「新南口」より徒歩5分
JR新宿駅「南口」より徒歩8分
JR代々木駅「東口」より徒歩5分
地下鉄副都心線 新宿三丁目駅「E8出口」より徒歩5分

【チケット】
障害者手帳をお持ちの方
一般料金 6,000円(6,600円より600円引き)
夜チケット 4,400円(割引はございません)
付添者 1名無料
※全席指定・税込み

【お申し込み方法・お申し込み先】
劇団民藝
電話: 044-987-7711(月曜日~土曜日 10時~18時)
FAX: 044-986-0034
メール: seisaku@gekidanmingei.co.jp


9月14日 東京芸術劇場 パイプオルガンコンサート 公演説明会のご案内

『東京芸術劇場ランチタイム・パイプオルガンコンサート Vol.145』

パイプオルガンの音に耳を澄ませ、お昼休みに安らぎの時間を。
芸劇コンサートホールのシンボル、パイプオルガンの音色を気軽にお楽しみいただけるコンサート。
1999年より始まったランチタイム・パイプオルガンコンサートは、ワンコイン(500円)で開催。
平日の午後、充実した時間を過ごしてみては。
ホームページ: https://www.geigeki.jp/performance/lunchtime_r03/lunchtime_r03-2/

【日時】
2021年9月14日(火曜日)
11時15分 ロビー開場
11時25分 公演説明会開始
12時15分 開演
12時45分 終演予定

【会場】
東京芸術劇場 コンサートホール(51階)
東京都豊島区西池袋1-8-1

【アクセス】
JR・東京メトロ・東武東上線・西武池袋線 池袋駅西口より徒歩2分。駅地下通路2b出口と直結

【チケット】
障害者手帳をお持ちの方 450円(付添は定価の500円でのご案内)
※全席指定・税込

【定員】
5組10名(先着順、付添者必須)
※本サービスは、視覚に障害のあるお客様と付添のかたが対象となります。
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、付添者を必須とさせていただきます。

【お申し込み方法・お申し込み先】
下記いずれかの方法で、東京芸術劇場ボックスオフィスに必要事項をお知らせください。
電話: 0570-010-296(休館日を除く10時~19時/ナビダイヤル)
FAX: 03-5944-8651
メール: ticket@geigeki.jp
※件名に「『パイプオルガンコンサート』公演説明会希望」と明記してください。

【お申し込み必要事項】
①氏名: (視覚に障害のあるかたが対象となります)
②付添者の氏名:(補助犬をお連れになる場合はその旨も必ずお知らせください)
③連絡先: 電話・FAX番号、またはメールアドレス

【お申し込み受付日程】
受付締切: 2021年9月7日(火曜日)17時
※先着順。定員に達し次第、受付を終了しますので、あらかじめご了承ください。

★新型コロナウイルス感染拡大防止のため、付添人の同伴を必須とさせていただきます。
★当日は、障害者手帳をご持参ください。
★当日ご来場出来なくなった場合や舞台説明会に間に合わない場合には、必ず東京芸術劇場ボックスオフィス(電話:0570-010-296/メール: ticket@geigeki.jp)へご連絡ください。



本文 おわり

補助メニュー