トップページへ

ここから本文

2015年「日本点字図書館オープンオフィス」のご報告

オープンオフィスのTOPバナー

2015年11月14日、15日と開催いたしました「日本点字図書館オープンオフィス」にご来場いただきありがとうございました。

例年この時期には、「日点みんなのつどい」という名の式典で、勇退ボランティア表彰や本間一夫文化賞受賞式などを行なっていましたが、 一般のかたへ日本点字図書館の仕事を広く知っていただくため、2013年度よりオープンオフィスととして施設公開イベントとして開催していました。
当日は、仕事内容を基本にした体験型の業務紹介企画やパネル展示などを行ない、視覚障害者への理解と事業の役割をお伝えしました。
初日はあいにくの雨にもかかわらず、大変多くのかたにおいでいただき、当館創立者の本間一夫の生誕百年、また当館開館七十五周年というメモリアルイヤーにふさわしい充実したイベントとなりました。


2日間で約1,000人の方にご来場いただき、当館事業のご紹介を通し点字図書館への理解を深めていただけました。

図書館玄関写真 日本点字図書館の目印は、正面玄関前にいくつも垂れるクサリです。
クサリには、流れる滝のように、視覚に障害をお持ちのかたに情報が行き届きますように、という願いが込められています。
当日は大きな看板をつるして、皆様をお出迎えしました。

さあ、「日本点字図書館オープンオフィス」がはじまります!
 
企画展 本間一夫生誕百年記念特別展「本間一夫と日本盲人図書館」
先んじて11月12日より始まっていた企画展では、本間一夫の生誕から、幼少期、初めて点字に触れ、先達の著書により点字図書館創立を決意した就学期、念願の日本盲人図書館の創立期、苦難の疎開時代、そして戦後の再建・日本点字図書館に改称するまでを中心に、本間一夫に関わる収蔵品等を展示紹介しました。
14日には、「64年ぶりに帰館した点字図書」と題し、実践女子大学短期大学部准教授で、本年のにってん野路菊賞を受賞された西脇智子さんの特別セミナーも開催され、多くのかたにお越しいただきました。
11月12日からの来場者合計は、約400名となりました。
また、企画展の隣にある、本間一夫記念室でも、本間一夫ゆかりの品々を展示し大変多くの皆様にご覧いただきました。  
本間一夫展写真 本間一夫展写真
本間一夫展写真 本間一夫展写真  
本間一夫展写真 本間一夫展写真  
本間一夫のふる里 ミニミニ北海道物産展
本間一夫とゆかりの深い北海道からさまざまな美味しい商品を取り揃え、皆様をお迎えしました。別館2階では、お菓子などの販売を行ない、トラックヤード(駐車場)ではラーメンの試食と販売も行ないました。
人気商品は即日完売するなど、皆様に大変ご好評いただきました。  
北海道物産展写真 北海道物産展写真 北海道物産展写真
北海道物産展写真 北海道物産展写真  
開会式および表彰式(14日)
表彰式では、理事長 田中徹二より、第12回本間一夫文化賞、にってん野路菊賞受賞者への賞状贈呈および、特別感謝状の贈呈、勇退奉仕者への感謝状贈呈等が行われました。館長 杉山雅章から閉会のご挨拶を持ちまして、式典が終了しました。
理事長写真 受賞者集合写真 館長写真
出久根達郎氏(作家) 講演 
「指と耳の読書 −本間一夫先生をめぐって−」 (14日)



当日の講演会の様子の映像です。画像をクリックすると、再生が始まります。




出久根達郎氏講演写真 出久根達郎氏写真
三好明子氏・三好俊行氏 ミニコンサート(ピアノ連弾) 
「スーパー・ピアノ・デュオ 〜クラシックからポップスまで〜」 (14日)

三好明子氏・三好俊行氏写真 三好明子氏・三好俊行氏写真
ラジオ日本「小鳩の愛〜eye〜」公開録音
 ゲスト 堀内恒夫氏 (参議院議員、元読売巨人軍)(15日)

「小鳩の愛〜eye〜」公開録音写真 「小鳩の愛〜eye〜」公開録音写真
福島智氏 (東京大学先端科学技術研究センター教授) 講演
「ぼくの命は言葉とともにある」(15日)

福島氏は14日の式典にご欠席されたため、講演前に表彰式を執り行ないました。賞状、目録及び協賛団体のご協力による記念品をお渡しいたしました。
当日は、手話通訳を行ない、ustreamによる配信もありました。会場に入りきれないお客様もいるほど、大盛況でした。
本間一夫文化賞受賞についてはこちらへ


当日の講演会の様子の映像です。画像をクリックすると、再生が始まります。




福島智氏講演写真 福島智氏講演写真 福島智氏講演写真
福島智氏講演写真 福島智氏講演写真
トークイベント
本間一夫生誕百年記念特別企画「本間一夫、図書館への思いを探る 〜日点の源流に触れる〜」

筑波技術大学教授の長岡英司氏が司会を務めてくださり、5人のゲストをお招きしてお話をお聞きしました。ustreamによる配信もあり、活発な議論が交わされました。 
トークイベント写真 トークイベント写真
館内の色々な展示や体験コーナーで日本点字図書館の仕事を紹介いたしました。  
点字の図書・録音の図書の紹介
館内展示の模様
 点字を読んで、図書を書庫から出す体験
館内展示の模様
 古本市
館内展示の模様
朗読者さんの朗読披露コーナー
館内展示の模様
録音図書の朗読にチャレンジ
館内展示の模様
合成音声の図書を作ってみよう
館内展示の模様
ミニ点字教室
館内展示の模様
ユニバーサル商品の展示と販売
館内展示の模様
販売されている点字図書を見てみよう
館内展示の模様
 パソコン等を使って、読書をしてみよう
館内展示の模様
白杖を使った歩行体験
館内展示の模様
点字のローラー印刷体験
館内展示の模様
ご寄付のお願いの展示
館内展示の模様
ご寄付のお願いのパネル
館内展示の模様
公益財団法人 日本盲導犬協会の盲導犬歩行体験
盲導犬歩行体験写真
パン販売(出店:カフェマリソル)

パン販売写真
パン販売(出店:スワンベーカリー) 

パン販売写真
綿の種プレゼント(協力:都立農芸高校) 

プレゼント写真
無料カフェコーナー(出店:スターバックス コーヒー ジャパン株式会社)
スターバックス スタッフ写真
 
 
スターバックス コーヒー ジャパン株式会社様には、今年も12月1日より、Book For Twoキャンペーンを開催していただく事になっています。
この他にもいろいろな企画・展示が開催され、多くのかたにご来場いただきました。
アンケート箱写真 ご来場のかたにお答えいただきましたアンケートプレゼントの抽選が11月21日に行なわれました。本年は多くの協賛企業様のご協力により、「電器製品」「おもちゃ」「日用品」「日本酒」など、様々な豪華賞品が当たるという事で、実に600名を越える皆様のご応募がありました。

実行委員の厳正な抽選の結果、当選者が決定いたしました。尚、当選者の発表は賞品の発送をもって代えさせていただきます。

また、アンケートにご協力いただきました皆様には、アンケート記入時にご了承いただいた通り、今後チャリティ映画などの当館からのお知らせを発送させていただく場合がございますので、ご承知おきください。


朝日小学生新聞画像(画像をクリックすると、拡大画像をご覧いただけます) 今回のオープンオフィスは、当日も含め多くのメディアに取り上げて頂きました。

・東京新聞 2015年10月26日 「本の制作 進化続く 日本点字図書館が創立75年」

・朝日小学生新聞 2015年 11月11日 「目の不自由な人に読書の楽しみを」
 (画像をクリックすると、拡大版をご覧いただけます。)
 朝日小学生新聞 公式サイトはこちら

・ニッポン放送 ラジオ取材
 14日(土曜) 「徳光和夫 とくモリ!歌謡サタデー」 (朝5時〜7時40分)での告知
 15日(日曜) 「三宅裕司サンデーヒットパラダイス」 9時、10時、11時に会場の様子を取材いただきました。


※昨年度の様子は以下のリンク先から、ご覧いただけます!
 2014年度日本点字図書館オープンオフィスのご報告



本文 おわり

補助メニュー