イメージ

ここから本文

遺贈

遺贈とは、遺言によりご自分の財産の全部または一部を、法定相続人以外の個人や団体に対して贈与することをいいます。相続のトラブルを避け、遺産の一部を社会福祉のために役立てて欲しいとの思いを実現することができます。

遺贈は、必ず遺言によってなされますので、遺言書の作成が必須と言えます。当館へのご遺贈の際は、遺贈先として「社会福祉法人 日本点字図書館」をご指定いただく必要がございます。また、法定相続人の遺留分を配慮する必要があります。
当館では、遺言によるご寄付をお考えのかたからご相談をお受けいたします。

ご支援は、視覚障害者の読書と生活を支える事業のため、有効に、大切に活用させていただきます。

当館の事業実績は、「感謝録」をご覧ください。実施した事業や講習会などのイベントのご報告、ご支援いただいた企業・団体のご紹介など、当館の事業のご報告を紙面にてご紹介しております。
感謝録


【お問い合わせ】
日本点字図書館 総務部総務課
〒169‐8586 東京都新宿区高田馬場 1‐23‐4
電話 03‐3209‐0241
FAX 03‐3204‐5641
Eメール nitten@nittento.or.jp

本文 おわり

補助メニュー
文字の大きさ
メインメニュー