トップページへ

ここから本文

2013年度の様々なご支援


各企業・団体より、様々な形で当館へのご支援をいただいております。


日本点字図書館は、イオン品川シーサイド店の「イオン 幸せの黄色いレシートキャンペーン」に参加しております。
毎月11日に行なわれ、お買い物されたお客様が精算時に受け取られた黄色いレシートを、応援したい団体の投函BOXへ入れていただくと、お買い上げ金額の合計の1%が希望する品物で寄贈されます。
投函BOXの一つとして、イオン品川シーサイド店に日本点字図書館の投函BOXを設置させていただいています。
投函BOXの写真  キャンペーンの詳しい内容はこちらへ


3月8日に京王プラザホテルを会場に行なわれた、京王プラザホテル労使共催の第9回チャリティーイベント『ボランティア・プラザ』へ出展させていただきました。
京王プラザホテル様が積極的に行なってきたバリアフリーやエコロジーへの取組みを多くのかたに知っていただくイベントとして、ユニバーサルルーム(高齢のお客様や障害をお持ちのお客様にも安全・快適に滞在できるように、設備に配慮した客室)の見学や、盲導犬や介助犬、聴導犬といった補助犬のデモンストレーションなどが行なわれました。
今年も日本点字図書館では、他団体様とブース出展させていただき、点字器や絵はがき、点字の付いたユニバーサル絵本などの展示販売に加え、ご来場のお客様からのご寄附を頂戴いたしました。
会場の写真 会場の写真



ゴスペル東京様の第13回チャリティーコンサート会場に、当館の募金ブースを出展させていただきました。
ゴスペル東京様には、第1回の平成12年から毎年、コンサート会場に募金ブースを出展させていただき、ご来場のお客様からもご寄付を頂戴しております。
日点キャラクターグッズなどの物販もさせていただいています。
長年に亘り、このような機会を頂戴いたしました事、心から感謝申し上げます。
会場の写真 会場の写真




スターバックス コーヒー ジャパン株式会社様からは、ご利用にならなくなった本をスターバックス各店舗にお持ちいただき、その買取金額を当館にご寄附いただいくという「Book for Two(ブック フォー トゥー)」キャンペーンを、今年で5回目になりますが12月の期間中行なってくださいました。
継続してこのようなキャンペーンを独自に展開してくださる事に、心から感謝申し上げます。
キャンペーンのイラスト




点字図書の贈呈式が行われました
前田建設工業株式会社様より、社会貢献事業の一環として点字図書を製作し、全国の点字図書館に寄贈する事業において、完成した点字図書3タイトルの当館への贈呈式が4月17日前田建設社屋にて行われました。点字図書の製作・発送作業に関しましては当館で行いました。
贈呈式の写真


液晶テレビをご寄贈いただきました
4月9日、三菱電機株式会社様のマッチングギフト「三菱電機SOCIO-ROOTS(ソシオルーツ)基金」によりご寄贈いただいた液晶テレビの贈呈式が、4月9日当館多目的室で行われました。
「三菱電機SOCIO-ROOTS基金」は、社員からの寄付に会社が同額を上乗せ(マッチング)し、社会福祉施設や団体に拠出するマッチングギフト制度で、1992年に設立されました。
当館には、見学者への紹介ビデオ視聴などに使用していた37型のブラウン管式テレビがありましたが、地上デジタル放送への移行でテレビ受信が出来ない状態になっていました。今回ご寄贈いただいたのは、番組表や操作説明などの音声ガイド「しゃべるテレビ」機能を持つ、ハードディスクとブルーレイディスクを内蔵した視覚障害者にも扱いやすい製品です。
テレビ写真 贈呈式写真


ワンブック・プレゼント贈呈式を行ないました
朝日生命保険相互会社(http://www.asahi-life.co.jp/)様より、ワンブック・プレゼントで製作した点字図書と録音図書の贈呈式を、9月13日当館応接室にて行ないました。
贈呈式の写真


ワンブック・プレゼント贈呈式を行ないました
イオンクレジットサービス株式会社(http://www.aeoncredit.co.jp/)様より、ときめきポイントの寄付金をワンブック・プレゼントとしていただきました。7月11日当館多目的室にてワンブック・プレゼントで完成した点字図書と録音図書の贈呈式を行ないました。
贈呈式の写真


ワンブック・プレゼント贈呈式を行ないました
アサヒグループホールディングス株式会社(http://www.asahigroup-holdings.com/csr/)グループ社員有志による「アサヒ ワンビールクラブ」様より、3月26日当館応接室にてワンブック・プレゼントで完成した録音図書の贈呈式を行ないました。
目録贈呈の写真

ご協力いただきました皆様に心から御礼申し上げます。


本文 おわり

補助メニュー