トップページへ

ここから本文

第10回「本間一夫文化賞」受賞者を発表

2013年10月

第10回「本間一夫文化賞」受賞者を発表 - 特定非営利活動法人 支援技術開発機構 理事長の山内繁 氏 -

山内繁氏写真 社会福祉法人日本点字図書館(本部:東京都新宿区、理事長:田中徹二、以下:日本点字図書館)は、視覚障害者の文化向上に貢献した個人・団体に贈る本間一夫文化賞の選考委員会(委員長:公益財団法人日本社会福祉弘済会 金田一郎 理事長)を9月12日に行ない、第10回受賞者に点字表示などの規格化に尽力した、元国立身体障害者リハビリテーションセンター研究所長、現 特定非営利活動法人 支援技術開発機構 理事長の山内繁(やまうち・しげる)氏に決定しました。

山内氏は、東京大学工学部から、国立身体障害者リハビリテーションセンター(現 国立障害者リハビリテーションセンター)研究所に勤務され、平成4年から17年の間は同センターの研究所長として日本の福祉機器の発展に多大なる貢献をされてこられました。

平成10年から日本工業規格(JIS)を統括する日本工業標準調査会標準部会に委員として参加し、平成18年から24年まで、高齢者・障害者支援専門委員会で委員長を務められました。山内氏が委員長になってから、我が国における視覚障害者関連の規格の整備が進み、視覚障害者が利用しやすい環境が整ってきています。

さらに、視覚障害者誘導用ブロックの国際規格作成や家電製品のスイッチ部のON-OFF等に凸点および凸バーを表示して視覚障害者の利用を可能にするためのJISの国際標準化にご尽力されるといった功績が評価されました。

2013年11月9日(土)に日本点字図書館で開催する「点字図書館オープンオフィス」 にて、賞状・記念レリーフ・賞金を授与する表彰式と記念講演を行います。



選考委員



協賛



後援





点字図書館オープンオフィス

70余年にわたり視覚障害者の読書と文化活動を支える日本最大の視覚障害者情報提供施設である日本点字図書館が、一般の方々に視覚障害者への理解を深めていただくために、館内を開放して点字図書館の「今」を体験いただく無料イベント。
2013年11月9日(土)、10日(日) 10時から16時
関連ページ : http://www.nittento.or.jp/press/pr131008_openoffice.html


日本点字図書館について

社会福祉法人 日本点字図書館
ホームページ : http://www.nittento.or.jp/
1940年創設。点字図書・音声図書の製作・貸し出し、中途視覚障害者のための点字教室、視覚障害者のためのパソコン教室、視覚障害者用具の販売等の事業を行なう。視覚障害者情報総合ネットワーク 「サピエ」の管理も行なっている。


本件に関するお問い合わせ

社会福祉法人 日本点字図書館 総務部 広報担当 和田・新郷
電話:03‐3209‐0241/FAX:03‐3204‐5641
Eメール:nitten@nittento.or.jp


本文 おわり

補助メニュー