イメージ

ここから本文

視覚障害者用具の販売 : 館内バーチャル見学

図書館の入り口を入ると、左手すぐにお店があります。ここは、視覚障害のかた向けの商品を900点ほど販売しているお店です。カウンターを兼ねたショーケースには、多くの商品が並んでいます。自由に手にとって見ることができ、使い勝手を確認してからご購入することができます。また、全国そして海外へも通信販売を行なっています。

視覚障害者用具の販売

販売している商品は、視覚障害のかた向けに作られた製品をはじめ、一般のお店で探してきて、凸点や点字をつけるなど少し加工するだけで視覚障害のかたにも便利につかえるもの。音でわかる時計や体重計などの健康医療機器。そして、視覚に障害のないかたにも便利につかっていただける商品も扱っています。取扱説明書を点字や音声で作っているのも一般のお店にはない大きな特徴です。
それでは、どのようなものが販売されているか見てみましょう。

手で触ってわかる

点字器

視覚障害のかたの文字、点字を書く道具です。標準点字器(写真左)のほか、カラフルな小型の点字器(写真中央)は、筆箱のようなケースに入って持ち歩きにも便利です。また、普通の点字よりも大きな点字を書ける小型の点字器(写真右)もあります。小さな点字では読み取りにくいかたがご自身のメモや電話番号を書きとめることなどに便利です。

点字器点字器点字器

時計(触読式時計)

時計の針と文字盤を指で触って時間を知る時計です。ガラスのふたが開いて、右の写真のように直接針を指先で触れて確認します。

触読式時計触読式時計

凸点

触る時計と同じ様に、点が盛り上がっていることが手がかりになるものがあります。左の写真のようにメジャーのメモリなど点があることで長さがわかるもの。2個組のしょうゆさしのように片方に凸点をつけて、同じ形の2種類のものを違いがわかるなど凸点がついていることでものの識別をすることができます。凸点のないところに印をつけたいときには、凸点のシールを貼ると目印になります。パソコンのキーボード(写真右)や電化製品のスイッチなどでよく使われる方法です。

ひも式メジャーひとおしくんキーボード凸点

音を聞いてわかる

手で触る以外にも音を手がかりにすることは視覚障害のかたにとって情報を得るための重要な方法です。
視覚障害のかたが操作をするには、操作方法と結果の両方を音声でガイドしてくれる機械が望まれます。(ピッピッというビープ音などでも操作の目印となる基点音があれば、その音を聞いて操作することもできます)

声でメモをする機械

下の写真の機械は、普通のICレコーダーと異なり、商品に付属するシールと機械本体に録音する声を関連付けて、声でメモを残すことができる機械です。薬の種類や飲む回数、冷凍食品や冷蔵庫に入れるタッパーになどに「シール」をつけて、そこに入っているものの名前、洋服の色や柄などを機械に録音します。機械を「シール」に近づけると録音した声のメモを再生します。

アイペン

時計(音声式時計)

時計も音声で確認できる商品があります。時報やアラームも音声でお知らせします。 右の写真の置時計は、日付や温度・湿度なども音声でお知らせします。

腕時計置時計

音声の読書のための専用の機械

ボランティアのかたが朗読したCDの図書を聞くための専用の機械です。録音は点字図書館の国際基準のデイジーフォーマットという録音形式で録音され、活字の読書と同じように、しおりをはさむことや目次を聞いて該当のページに移動することができます。録音はMP3形式で圧縮されていますので、1枚のCDに長時間の録音データを入れることができます。

PTR2PTN2

※下の写真の機械は、CDからSDカードに移して外出先で図書や音楽を聞くことができる小型のプレイヤーです。

PTP1

音声で知る健康情報

体重計や血圧計なども音声で数値を知らせてくれる機械があります。視覚障害のかたの生活の質、安心感を高める必需品です。

体重計血圧計血圧計

白い杖

路面状況を知るために使う杖、ロービジョン(弱視)の方が周りの方に気づいてもらうために使う杖、体を支えることにも使える杖などをご用意しています。

アドバンテージ白杖歩行

生活に役立つグッズのいろいろ

しょうゆさしや計量カップといった調理用品、糸通しや針の上から押さえるだけで糸が通るセルフ針という裁縫用品。コイン別に分かれるお財布などの日用品を多く揃えています。(これらの商品の多くは視覚に障害がなくても便利に使っていただける商品です)

しょうゆさし糸通し小銭入れ

ロービジョン(弱視)のかたの便利商品

ルーペや文字を拡大する専用の機械も多くの種類を揃えています。ルーペは、購入前に事前に使っていただく1週間の無料貸出サービスを行なっています。(読売光と愛の事業団からの助成事業)
また、文字を大きくする拡大読書器は卓上型8台。携帯用の読書器は10数台を1Fのロビーに見本を用意しています。ご購入を検討のかたは、ご来館の上、操作を試してみることができます。
拡大読書器や見えにくいかたがたの相談会(予約制)もございますので、お気軽にお問い合わせください。

拡大読書機拡大読書機

ワイドライトルーペルーぺルーペ

おもちゃ

カードゲームでは市販の製品に点字をつけたトランプやウノ。コマの片面にうず巻き状の凸の盛り上がりがあるオセロ。といったように触ってわかるゲームやおもちゃを揃えています。
ルービックキューブは色ごとに触感の違うシールを貼って、触ってわかるようになっています。数独パズルやどうぶつしょうぎといった話題の商品も点字や凸のシールをつけて視覚障害のかたが触って楽しめるように工夫して販売しています。


点字つきトランプオセロルービックキューブ

以上、当館用具事業課で扱っている商品のご紹介でした。
視覚障害の当事者のかたには、杖や一部の福祉機器の購入の際に自治体からの補助金制度(補装具費支給制度、日常生活用具給付制度)があります。
詳しくは、以下の専用のページをご覧ください。ご来店をお待ちしております。 http://yougu.nittento.or.jp/


本文 おわり

補助メニュー
文字の大きさ
メインメニュー